風俗店に小柄美女GAL降臨

自分の感覚は大切。それを実感したかなと

自分の感覚はやっぱり大切なものです。これはもう風俗だからとかそういった理屈の問題ではないんですよ。自分自身、これだけのことを楽しめるとは思っていなかったと言うのが本音ですかね(笑)むしろその気持ちこそ、風俗で遊ぶ時には何よりも重要になってくることなんじゃないのかなって思ったくらいなんです。だって自分の感覚って自分だけしか分からないじゃないですか。風俗嬢があれこれ出来るようなものではないんです。どれだけのことを楽しめるのか。そういったことはやっぱり自分しか分からないけど、でも「どうせ自分しか分からない」って思っていても意味がないじゃないですか。そう思ったら、やっぱり風俗で遊ぶ時には自分なりにいろんなことを考えるようになりましたよね。まずは相手に伝えること。そして伝える時には自分の意志を持ってということ。言い方の問題もありますし、細かいことに気を付けるようになってきたんじゃないのかなって思いますね。

発射と言うよりも噴射でしょう

男の潮吹きを初めて楽しんだ時のことは今でも覚えています。その時点では、そもそも男の潮吹きというジャンルがあることを知りませんでした。ただ、その日相手をしてくれたCちゃんという風俗嬢が、イった後に刺激していると男でも凄いことになるって教えてくれたんです。だからその時の気分でってことでお願いしたんですけど、おそらく彼女は初めから狙っていたんでしょうね。通常よりもちょっとは辞めに発射まで導いってもらったのは、おそらくその時間まで計算していたからだと思うんですけど、イった後から彼女の刺激が始まりました。初めは快感とかじゃなくてくすぐったいって思っていたんですけど、次第に何か違うなって思う気持ちになっていって、そして気付いたら発射ならぬ「噴射」していました(笑)さすがに自分でも驚きましたけど、それはそれで貴重な人勧を過ごすことが出来たんじゃないのかなって思いますし、実際の所、やっぱり凄いというかこれは癖になる風俗かもなと。